【 頭皮のキズ痕(頭部瘢痕) 】

 瘢痕(はんこん)とは、手術や外傷、やけどの後などにみられるキズ跡のことですが、頭部に瘢痕がある場合、そこに存在していた毛根は瘢痕に置きかわっている為、そのままでは髪の毛が生えて来ません。 


 瘢痕の幅が細い場合は、医療機関(形成外科)にて、瘢痕を切除し、縫い寄せる手術(瘢痕形成術)があります。

 術後は1本の線状のキズ跡になります。(キズの巾は、頭皮の寄せ方や、頭皮の張り具合によりかわります。)


 頭皮のキズ跡をできるだけ目立たないようにすることを目的とした場合、他に自費の手術があります。

 頭皮のキズ跡(瘢痕)は、形や厚みなど、お一人お一人状態が異なるため、同じ面積であっても、目立たなくするための最善の方法が異なる場合があります。

 基本的に、キズ跡(=瘢痕;はんこん)の皮膚は、通常の皮膚より移植した毛髪が育つための条件がきびしい状態にあります。

contents_border_ft.png

RESERVE&CONTACT

火・水・金・土曜日(他不定休)
10:00 -15:00
TEL 045-534-7806  office@bonadea-clinic.com